メルティービーナスって効果があるの?使い方にポイントがある!

カミソリや毛抜きなどでムダ毛処理をするのは時間がかかって面倒ではありませんか。

短時間でごっそり処理をするものがメルティビーナスです。

たった10分、つるつるな肌へと導きます。

メルティービーナスでムダ毛ごっそりと実感するには、使い方にポイントがあります。

では、どのように使用をしたらいいのでしょうか。

メルティービーナスは効果がない!?

除毛クリームを使用してもムダ毛をきれいに処理できなかった、黒くブツブツが残った、こんな経験がありませんか。

メルティービーナスの場合は、しっかり効果を実感できるのでしょうか。

メルティービーナスには、ムダ毛を溶かすチオグリコール酸Caが配合されています。

チオグリコール酸Caは医薬部外品指定成分です。

医薬部外品とは、医薬品よりは穏やかですが、何らかの効果が期待できるものです。

毛はタンパク質で構成されていますが、タンパク質を変性させてムダ毛を溶かして処理をします。

他と違うのは毛穴の中にまで入り込むことです。

スプレータイプや液ダレする除毛クリームは、毛穴の中に入り込まず、根元まで処理できません。

一方、メルティービーナスは液ダレしにくく、毛穴の中にまで張り込みます。

毛根から毛をごっそりと処理します。

効果がないという口コミがありますが、効果を実感できないのは使い方が間違っている可能性があります。

しっかりと塗っていない、放置時間が短いなどが考えられます。

メルティービーナスは医薬部外品指定成分のチオグリコール酸Caを配合しているので、ムダ毛を処理してツルツルになることが期待できます。

メルティービーナスで効果が実感できる使い方

メルティービーナスで効果を実感するには、使い方にポイントがあります。

しっかり作用をさせるために厚めに塗ってください。

厚めに塗ることで毛穴の中に入りやすくなります。

そして、毛根からごっそりと処理をしてくれます。

製品に記載されている量をしっかりと塗ってください。

メルティービーナスは液ダレしにくいので、しっかり塗っても垂れてくる心配がありません。

放置時間にもポイントがあります。

放置時間の目安は5~10分です。

長時間放置するほど、成分がムダ毛に長く作用をします。

ムダ毛が濃い方は10分ほど放置をするとよいでしょう。

時間が経ったら拭き取りをして水で洗い流します。

洗い流したときにまだムダ毛が気になるようなら、もう一度使ってみてください。

放置時間をさらに長くするのではなく、2度使用をすることがポイントです。

メルティービーナスは使い続けることで、つるすべな肌に近づきます。

抑毛をサポートするダイズ由来成分が配合されているので、使い続けるほどムダ毛が細く目立ちにくくなるのです。

メルティービーナスでつるすべ効果

メルティービーナスは使い方に気をつけることで、ムダ毛がごっそり、つるすべな肌になる効果が期待できます。

効果を実感できなかった方は、使い方を見直してみてください。

そして、使い続けることでさらにつるすべな肌に近づきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です